札幌豊平峡 日本茶貯蔵実証実験【水の守人熟成茶】


豊平峡リムトンネル 日本茶貯蔵実証実験
 『水の守人熟成茶』

 

豊平峡熟成「水の守人熟成茶」は秋以降、玉翠園本店はもちろん、丸井今井百貨店(札幌・函館)「全国うまいもの大会 宇治玉露荒茶」(日程は催事日程のコーナーをご覧下さい)やFM北海道 「AIR-G' brilliant days特製伊勢茶ティーバッグ」などいろいろな形態で販売を開始いたしますのでご期待下さい。

 

北海道は温暖な気候を好む茶の生産北限をはるかに超えている為、茶樹の生育は庭で、わずかに楽しむ以外は難しいのですが、冷涼なこの環境は長期熟成には大変向いております。茶の熟成とは、味をまろやかに、深みを出すため、蔵など静寂で環境変化の少ない場所で寝かせる古来からの技法ですが、繊細な技術が必要なうえに高価な茶が対象であり、したがって大量販売の時代には全く向かないことから、今では全国でもごく限られた専門店でしか継承されておりません。当社は祖父が京都で熟成を学んで創業し、北海道の気候特性を生かして様々な熟成茶を少しずつ組み合わせながら玉翠園の味として広めたこともあり、現在でも熟成茶の製造販売に力をいれております。

時の経つのは早いもので、祖父から直伝してもらったこの熟成の技を、次の世代に繋ぐのが今の私の仕事となりました。そんな中、こうしたことを長年手掛けていることを聞き及ばれたのか、この度国土交通省さんから声をかけていただき、札幌市南区豊平峡の厚い岩盤を堀削し作ったリムトンネル内での日本茶熟成の実証実験をすることとなりました。

 


札幌の水瓶でもある豊平峡は自然の峡谷を生かしたダム湖で、深い森林に囲まれた景勝地です。この地での熟成検証は、当社にとって熟成のノウハウに新たなデータを織り込む興味深さに加えて、日本茶専門店として極めて意味深いものがあります。

というのも、日本茶を飲むとき、その実に99%が水だからです。家庭の蛇口を捻るだけで、ボトリングウォーターとして販売できるほど高品質の水がいただけるからこそ、北海道で淹れる茶は、素材の味を完璧に引き出すことができるのです。そして、素晴らしい水資源は深い山々、豊かな森林ゆえにあるのです。

【リムトンネル:ダム建設時にダム脇の岩盤クラウチン施工のため堀削したトンネル】


この北海道が世界に誇れる素晴らしい宝を次の世代にも繋げたい。「水の守人」としての思いこそ日本茶専門店の私が、一見畑違いのエゾシカ関連の製品開発を手掛け、エゾシカ協会の講師をさせていただく等、森林荒廃をもたらすほどに増えてしまったエゾシカ問題に積極的に、取り組んでいる最大の理由なのです。

【北海道新聞さん 2016年4月10日朝刊に掲載されました】

その意味において、今回当店の日本茶を、託させていただく北海道開発局豊平峡ダム職員の皆さんも日夜厳しい自然環境の中、札幌の水源をしっかりと守ってくれている、まさに「水の守人」です。彼らとともに今回の事業をさせていただくことを同じ志を持つ者として誇りに思います。

ダム湖とリムトンネルを視察させていただいた日に、景色のスケッチを描きながら豊平峡の水の女神さまをイメージしてしまいました。日本の名だたる産地から取り寄せました今年の新茶、懐深くにお預けします。どうか美味しく時を重ねさせてください。


【玉翠園 水の守人熟成茶 イメージキャラクター】