根昆布(北海道日高産)500g

商品番号 【6818】

昆布は葉、茎、根の部分からできています。根コンブは、葉の下部と茎の上部の間の部分のことを指し、またの名を頭コンブ(かしらこんぶ)ともいいます。葉や茎よりも細胞分裂がさかんで、コンブの成長の要になっているところであり、もっとも生きの良い部分といえます。ですから葉より出汁がよく出るので飲食店などに好んで使われます。しかしながら葉より絶対量が少ないので多くは出回りません。根昆布は葉より動脈硬化防止などに働くアルギン酸やフコイダンの量が充実しており、新陳代謝を活発にするヨウ素も多く含まれています。 根コンブは昔から民間薬として利用されてきたといいますから、海藻を食べることの多かった日本人は、経験的にその薬理効果の高さを知っていたのでしょ う。 また、根コンブのほとんどは素干しで製品化されているため、加工過程での有効成分の損失量は、ワカメなどに比べると格段に押さえられていますし、他の コンブ製品に比べても成分の含有量が比較的一定していることも利点の一つと言えます。 コンブの採れる地域や時期によっては、製品の質にばらつきがあるものですが、その問題も根コンブなら解消してくれるというわけです。 ただ、念のため付け加えておくなら、根コンブの効果は、上質の物であれば、葉の部分にも充分に期待できます。

販売価格(税込):¥2,700